青汁 体臭 男性

青汁は20代男性の体臭に効果的?

野菜

緑色の天然色素が豊富に含まれる青汁

青汁には葉緑素と呼ばれる植物や藻類などに含まれる、緑色の天然色素が豊富に含まれています。

 

葉緑素は植物の成分ですが人間の血液の色素であるヘムと似た構造をしており、体内に摂取された葉緑素は血液中で鉄と結合しヘモグロビンなどの色素に変化します。

 

ダイオキシンやカドミウム、鉛などの人体に有害な物質を吸着して排出させる解毒作用を持っています。

 

他にも血管内のコレステロールを吸着する作用もあり、コレステロールを抑えて血液の流れを良くする働きもあります。

 

さらに消臭・殺菌効果もあり、腸内環境を整えることで体臭を抑えることも出来ます。

 

特に皮脂分泌などが盛んになる20代男性は体臭が気になりますが、皮脂分泌以外にも食生活の乱れによる腸内環境の変化によってもより臭いがきつくなっていることがあります。

 

葉緑素が腸内に入ると悪玉菌やメタンガスなどの悪臭の原因を取り除き、腸内環境を改善してくれます。

 

悪玉菌を排出する青汁

腸内で悪玉菌が生み出した悪臭はすぐに便として排出されれば問題はないのですが、排出されず長時間腸内に留まると腸から体内へ吸収されて体中を巡ります。

 

血管に入ると肌から悪臭がし、肺に入ると吐く息から悪臭がします。

 

そのためガスの発生を抑えると共に、便秘の改善も行うようにする必要があります。

 

青汁には食物繊維も含まれているので、便秘改善効果も期待できます。

 

葉緑素は野菜や海草から摂取することは出来ますが、普通に食べるだけでは体臭への効果はなかなか期待できません。

 

葉緑素は水に溶けない物質であり、そのまま食べてもほとんど吸収することが出来ないからです。

 

青汁は葉緑素を吸収しやすいように出来ているので、飲み続けることで腸内環境を整えて体臭を防ぐ効果が期待できます。